相手に絶対撮影をさせない

失恋の腹いせや、元恋人や配偶者の結婚、再婚などをきっかけにして嫌がらせに交際時に撮っていたハメ撮り写真や動画をインターネット上に流出させることをリベンジポルノと言います。

やること自体は簡単なのですが、やったあとは取り返しがつかず全ての画像や動画を削除するという事は一度流出してしまうとほぼ不可能と被害はとても甚大になるという事で社会問題とされている物です。

こう言ったことに対して、法的な制裁を加えることができ刑事罰が科されるようになっているとは言え、流出されてしまった事に対しての対応がされるわけではありませんから、何よりリベンジポルノはさせないしされないように対策をすることがとても大切です。

シンプルではありますが、確実にこう言ったトラブルを起こさないための最大の対策はたとえ交際時や結婚している時であってもセックス時の撮影をさせないことです。

普通の写真と違い、デジカメや携帯の写メで撮影したものはいつでも簡単にインターネット上にアップロードすることができる大変危険なものですからね。

たとえその時相手がどんなに好きで、どんなに信頼していても将来どうなるかはわかりませんからね。

撮影は絶対にさせない、という事を覚えて自衛しましょう。